発毛剤の選び方

発毛剤を使って元気と髪を取り戻す

薄毛というのは、髪が抜けてしまったり、髪が細くなってしまったりということが起こった状態のことです。

 

 

 

では、なぜ薄毛になってしまうのでしょうか。

 

それはタバコやアルコール、普段の食事や生活習慣から起こるもの、遺伝的に男性ホルモンが多いこと、そしてストレスによるものです。

 

若いのに薄毛になやまされている方は特に、生活習慣やストレスによるものが多いです。

 

上記は主に男性が薄毛になる原因ですが、次は女性が薄毛になる原因を見ていきましょう。

 

女性でも薄毛に悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

 

多くの原因は男性と共通する生活習慣やストレスがありますが、他には間違ったヘアケア、無理なダイエット、冷え性などがあります。

 

 

 

自分の原因が何かを探り、それを改善させることができればいいのですが、中々うまくいかずにイライラしてしまうということもあるでしょう。

 

そのストレスがかえってまた薄毛の原因となり、悪循環に陥ってしまう、なんていう事は避けたいものです。

 

そこで、発毛剤を使うことをおすすめします。

 

発毛剤を使い、薄毛の悩みを少しでもなくすことによって自分の髪への自信を取り戻すというのはとても大切なことです。

 

発毛剤には飲むものと頭皮に塗るものがあり、それぞれにも沢山の種類があるので自分にあったものを使用しましょう。

 

 

 

ストレスを発散させたり、生活習慣を省みるなど薄毛の原因を改善させながら、発毛剤http://www.episodicreview.com/を使い頭皮のケアをして、若々しく元気な髪を取り戻しましょう。

発毛剤をより効果的に使うには

発毛剤をより効果的に使うなら、一番最初にやらなければならない事があります。

 

それは、頭皮の環境を健康的にするという事です。

 

 

 

頭皮の環境が悪ければ、いくら良い成分だと思って使っていても発毛剤の効果を取り込めないのです。

 

 

 

頭皮の環境を整えるためには、シャンプーが重要になるのですが、このシャンプーの選び方次第では発毛剤の栄養分をより吸収することが出来るので、効果が期待出来ます。

 

 

 

今使っているシャンプーにこだわりがなく、発毛剤にはこだわりを持っていても意味がないんです。

 

 

 

シャンプーにもこだわりを持ってこそ、発毛剤の効果が発揮されるんです。

 

 

 

では、どのようなシャンプーを選ぶべきなんでしょうか。まず最近テレビCMでも頻繁に見かけるようになりましたが、ノンシリコンシャンプーを選ぶべきです。

 

シリコンとは、髪の毛を艶やかに見せたり、また、髪通りをよくするため、髪質の見た目には良いものですが、髪の毛をコーティングするものですから、常に化粧品を付けている状態とかわりないのです。

 

髪の毛をコーティングするということは、頭皮にも当然このシリコンがついてしまうという状態になるわけです。

 

 

 

シリコンにより、毛穴が塞がれてしまうという事態になりますから、いくら効果が高い発毛剤を使ったとしても、その栄養素が浸透しないという状態になるわけです。

 

 

 

シリコンはなかなか取り除く事ができない成分ですが、いつまでもシリコン入りシャンプーを使い続けてては意味がありませんから、発毛剤を使うのであれば、ノンシリコンシャンプーに切り替えるべきです。

 

 

 

より効果的に発毛成分を取り入れるためにも、もう一度シャンプーの成分について見直してみませんか。

国内製の発毛剤の効果

 数年前に行われた薄毛治療のガイドラインによると、現在の薄毛治療の中で医学的な視点で最も効果が期待できるのは、特定の成分を含んだ育毛剤の使用だとされています。

 

 

 

 特定の成分とは、フィナステリドという男性型脱毛の治療薬として使用されている成分と、ミノキシジルという血管拡張剤として開発された成分です。

 

 

 

 これらの成分を含んだ育毛剤は、共にアメリカで開発された製品であり、国内産の育毛剤に含まれていた成分ではありません。

 

 

 

 国内産の発毛剤に使用されていた塩化カルプロニウムやアデノシンは、薄毛治療のガイドラインでは、Cランクに指定されています。

 

 

 

 Cランクとは、考慮しても良いが十分な医学的根拠は認められないという意味であり、Aランクに指定されたミノキシジルやフィナステリドよりも見劣りする結果となっています。

 

 

 

 しかし国内産の発毛材に全く効果がないというわけではありません。国内産の発毛剤の特徴は副作用の危険が少ないという点と、使用感に優れているという点です。

 

 

 

 このために長期的に継続して使用することができるために、将来的な予防効果を期待できます。そして自分に合わなかった場合でも健康被害が出る可能性が低いために、安心して使用することができます。